プロフィール

吉岡

Author:吉岡
 京都市水のある場所在住。自分というどうしようもないモノとうまく付き合っていくのが生きるってことなんだろうな。
 


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸説明


短歌とは……
 57577の31文字で構成される定型詩。季語はいりません。

短歌会とは……
 参加者の皆さんの自作短歌を匿名の状態で一首ずつ順番に鑑賞、批評していきます。

アクセス
 近鉄向島駅下車、駅前にある京都文教大学スクールバスに乗車。

問い合わせ先
 160a06@st.kbu.ac.jp
スポンサーサイト

睦月歌会

1月21日(月)。
参加者6名。
時間はいつもと同じですが、場所は光暁館3Fの教室に変更しました。ラウンジだと寒いので。
テスト前だったので人があまりきませんでした。


みけねこのいぬとよばれるくろのいぬ夕日おかしくよちよち進む 後藤和彦

五円玉放って願掛け「ちゃりん」無数の願いは暗箱が食む 河嶋珠実

交叉する回廊に入る中京区室町通夷川上ル 並木夏也

ぺディキュアも凍える夜のバスタブで綻んでいく十の朱花 かめ里

明け方に雨の予感が匂いきて桟橋の上に非在のおとうと 吉岡

目の前に座った君が刻んでいる音符をひとつひとつ潰すと そらみみ
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。