プロフィール

吉岡

Author:吉岡
 京都市水のある場所在住。自分というどうしようもないモノとうまく付き合っていくのが生きるってことなんだろうな。
 


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯月皐月歌会

4月25日と5月12日の月曜日に歌会をしました。
同時アップで申し訳なすです。
4月から新しいメンバーが入り、活性化しております。
評のスタイルとかも少し変わってきたかな。
でも来なくなった人が多くて正直さみしいっす。
皆さんきてくださいね~。
次回は短歌研究新人賞対策の連作批評会をします。
うちから受賞者が出てくれたらこの上ないよろこびなのですが。



とうめいな虚空を揺らしたる君のそのはばたきの強さごと抱く 江戸雪

眠られず深夜に着けたテレビから流れ出でたジャズ・ピアノ・セッション かめ里

新しき月の始めのほととぎすかぐやの姫も太陽を飲み 後藤和彦

URLにhikari/を挿し込んで薄野の青い記憶を拾う すなずり

席はある さて今日の議題は何だったかなきみどり色の存在価値です そらみみ

「いちばんに知らせに来たのよ」と昨夜からくれないを孕みし姉は 吉田



一日に三回は注す点眼水(めぐすり)に知られてしまった行動パターン アリサ

着物裾ひるがえしつつ駆け抜けて八千代先生何処へ行くのか 
文鳥と長く居るのに二日目でインコの表情(かお)もいとおしくなり かめ里

旅の夜ねこはばけつをうちふりてほしくずばかり風にあつめる 後藤和彦

テーブルの皿に黄色の皮残し硝子の夜に月がでていく 小鳥

風に添ふ葉音のしづか親と子は野手の欠けたる野球に興ず とりきも

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。