プロフィール

吉岡

Author:吉岡
 京都市水のある場所在住。自分というどうしようもないモノとうまく付き合っていくのが生きるってことなんだろうな。
 


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回歌会!

 7月10日火曜日。
 はじめての歌会です。
 参加者は5名。
 午後8時より京都文教大学光暁館4Fラウンジにて開始され、最終バスの時刻に合わせ、とりにく家にGO。
 お陰で忙しい歌会になり、途中で帰られる方もいました。
 次からはもっと早い時刻にしましょう。
 というわけで詠草です。

 
 
 1、卑しとも嫌死とも聞こゆ矯正の歯の隙間より漏れくる 癒し(勝見章太)

 2、宵の口 静かに芽生える短歌会 行く先知るは夏の三日月(竹内憲太郎)

 3、ワタシトハタシトワタシ アスファルトこの凸凹も「シ」的なヘコミ(勝見章太)

 4、自動ドアあけてホテルにかえるひと長すぎる袖に指をかくして(下里友浩)
 
 秀歌コーナーにて佐藤弓生、黒瀬珂瀾、短歌特集コーナーで穂村弘の「にっぽんのクリスマス」を取り上げました。
 ちなみに吉岡自身の歌は、今後連作に組み込む可能性があるので非公開です。公開OKしてくれた皆さん、ごめんなさい!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。