プロフィール

吉岡

Author:吉岡
 京都市水のある場所在住。自分というどうしようもないモノとうまく付き合っていくのが生きるってことなんだろうな。
 


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(短歌、掲載許可の関係でアップが遅れました)


11月19日(月)。
参加者8名。
歌会は9月合宿以来でした。
場所は前回勉強会と同じ光暁館4Fラウンジです。
今回は通常歌会のほかに付け句というのをやりました。
すでにできている下の句に上の句をつけるというものです。
お題は「君のかけがえなさを思った」。
知らない間に斉藤斎藤の歌「とりとめのないきれいごと聞きながら君のかけがえなさを想った」(「ちから、ちから」)からパクってました。
気をつけないと。
しかしこのお題、決めてから気付いたのですが、とてつもなく難しい。
皆さん苦労されたようでした。
(付け句歌会は遊びようなものなので非公開といたします)

終了後、自宅にて懇親会(?)をおこないました。~終電、のつもりが、~始発、に。


かめ里
花の香の澄んだオーラを呑むように君の注いだ酒が溢れて


白柴
新鮮なイチゴとピアノと睡眠薬 揃えたからって咳は止まない

「全部ある」なんにもない庭見て言う母 私に代わり返事した犬


そらみみ
壊れかけこわれることを欲している 机にはただ真っ白なノート

レジへゆく母には言えぬ囲われた痛いほどのオレンジのオレンジ


眠れない子羊
別れ時寂しくないよと背をむいたあなたはとても不器用な人。

改札を抜ける私に響くはいってらっしゃい。と駅員の声。


まこも
ロータリー3周の刑に処せられし防人ノシャンシーは業火を背負い

いない日のママが受話器を置いている。ミートスパゲティは血と肌のいろ



霜下つ山の頂きに朝露取りて立ち尽くす 海の凍りし夢を見しあした 


吉岡
少しだけ話したひとが永遠を背負って消える冬の雑踏




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。