プロフィール

吉岡

Author:吉岡
 京都市水のある場所在住。自分というどうしようもないモノとうまく付き合っていくのが生きるってことなんだろうな。
 


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 開催日、12月10日(月)。
 参加者9名。
 短歌結社「未来」の並木夏也氏をお迎えしました。
 本年度最後の歌会です。
 場所はやはり光暁館4Fラウンジ。
 気温もかなり下がっていたので、ラウンジでは寒かった。
 次回の如月歌会は、おそらく別の場所でやることでしょう。
 候補はどこかの教室か、あるいはガスト?
 まあともあれ参加してくださった皆さんどうもありがとうございました。
 よいお年をお迎えください。


かめ里
小春日にぎおん書房は消えてゆき、ぽっかり空いた花の街角

恋文に似せて書かれた脅迫状 花野遠くへまるめてポイっ


そらみみ
明日(あす)にないもののことなど考える真夜中のオムライスほおばり

始発には景色のなかに埋もれたい火星人たちうようよいます


並木夏也
薄闇のなかに稜線とらへつつ暗緑に沈む淀川越ゆる


眠れない子羊
箱に乗って
ユラユラユラ
ガタゴト
みんな何処に
行くんだろう

お洒落と
お喋り音楽に
スパゲティ
月と太陽で
私は出来ている


まこも
言付けぬ□□□□□□□言
告げぬ□□□□□□□言継
げず□□□□□□□言尽き
て□□□□□□□口つけた
□□□発話
H
    A

           L



覆われる大きなてのひら瞳開け 目前に広がる只の闇

朝目覚めぬくもり探す手探りで 気付くのはもう少しあと


吉岡
薔薇園に憧れていた 靴底の破れたひとと戯れながら

借りやうと思つた本を抜ひてゆく女の背から森の匂ひが




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。