プロフィール

吉岡

Author:吉岡
 京都市水のある場所在住。自分というどうしようもないモノとうまく付き合っていくのが生きるってことなんだろうな。
 


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

如月歌会


 歌提出者7名、参加者6名。
 内、文教生が2名、元文教生を入れても3名という異様な事態です。大学生も全体の半分しかいません。大学院生を入れてやっと4名です。
 文教バスが早い時間に終わったので、どうせバスはないんだから、とゆったり歌会しました。
 その方がいいですね。時間にゆとりのない歌会はあんまし楽しくないです。
 メンバーの方2名がお菓子を持ってきてくださりました。ありがとうございました。

 ちなみに今回、吉岡が提出した歌は推敲の上、雑誌『短歌研究』に載せます。4月号か5月号だと思います。お楽しみに(?)




愛犬を埋めた赤土の上に置くドッグフードに蟻が群がる 下澤静香

川のそば蛍の光うかべつつ高層ビルは「帰れ」とつぶやく 近藤大介

きょうあたり悟りそうだね陶器屋の窓辺で川をみている小猫 かめ里

「みず色のこのアメちょっとすっぱいね」冷たい風が追い越してゆく なみきまなみ

君が触れたキャベツの葉裏そこを這う青虫はまだ蝶にはなれない 河島珠実

しろくまの口よりかるく流れ行く葉の上にのるミツバチの君 後藤和彦

「遊園地より水族館がいい」寂しさ連れて電車で眠る なみきまなみ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。